金属部品メーカー

ハードウェアアクセサリー - 中国メタルスタンピング&CNC加工メーカー

ステンレス鋼部品の表面不動態化の必要性

キーワード:ステンレス鋼部品、ステンレス鋼の表面処理、ステンレス鋼不動態化処理
ステンレス鋼は錆びない鋼です。 ステンレス鋼は、耐ステンレス鋼の略語です。 それは空気、蒸気、水および他の弱い腐食性の媒体またはステンレス鋼と呼ばれるステンレス鋼に対して耐性があります。 一般的に使用されるステンレス鋼は、主にマルテンサイト鋼、フェライト鋼、オーステナイト鋼、オーステナイト - フェライト(二相)ステンレス鋼および析出硬化型ステンレス鋼である。 共通機種:SUS201、SUS304、SUS303、SUS420、SUS430など
ステンレス鋼溶接部品の溶接点不動態化


ステンレス鋼製部品は、製造工程中に輸送、スクライブ、ブランク加工および溶接されます。 各プロセスが少し不注意である限り、スペアパーツの表面に傷、傷、ハンマーマークなどがあります。 部品の耐食性を低下させ、直接寿命に影響を与えます。 したがって、処理後にステンレス鋼部品に遭遇するステンレス鋼処理製造業者または製品の耐食性試験、「塩霧試験」は非常に低い。 それは顧客の品質要求を満たすことができず、そして試験も保存もされていない、それは問題と現象をさびやすい。 ステンレス鋼部品の耐食性を改良しそして製品の寿命を延ばすために、ステンレス鋼部品はステンレス鋼不動態化表面処理を受けなければならない。

ステンレス製シンクパッシベーションプロセス

ステンレス鋼表面不動態化プロセスは以下の通りである。
1.ステンレス鋼表面の前処理
a、ステンレス鋼の表面には酸化物が溶接されており、溶接スパッタは除去する必要があります。
b、ステンレス鋼の表面は油性であり、きれいにしなければなりません。
2、ステンレス鋼表面不動態化処理プロセス:
前処理→不動態化(プロセスに従う)→すすぎ(冷水または温水すすぎ)→中和→乾燥処理。
パッシベーション時間は指定されたとおりに実行する必要があります。事前許可は許可されず、遅延は許可されません。

品質検査:

ブルードット方式で確認するように求められたら、次の手順に従ってください。 溶液は、1グラムの赤血球塩+ 3mlの65〜85%HNO 3 + 100mlの水を使用し、その溶液を濾紙で含浸し、そしてそれを検査されるべき表面に付着させることにより調製される。 不完全であるかまたは鉄イオン汚染を有する、すなわち青色である表面不動態化フィルムのような、検査されるべき表面に溶液を直接塗布することも可能である。 1分以内に青い点がない場合、それは適格と見なされます。 中性塩水噴霧試験これは高精度の比較的一般的な検出方法です。

ステンレス鋼部品の表面処理
PREV:5軸研削加工薄肉カシメ部品のプロセス分析
NEXT:機械加工の説明 - ワイヤーカット技術

RELATED POSTS




Skype

WhatsApp

WangWang

QQ
envoyez - moi

Mail to us