金属部品メーカー

ハードウェアアクセサリー - 中国メタルスタンピング&CNC加工メーカー

板金加工シャーシの品質検査基準

板金加工シャーシ
この規格は、板金加工キャビネットおよびキャビネット構造部品の検査および承認に適用されます。 これは、設計文書に網羅的に記載されていない、または必ずしも指定されていない基本的および日常的な技術的要件に対する要約および補足です。
 
この規格には、設計書に記載されている技術的要求事項への参照を添付しなければならない。 規格で規定されている精度以外の規定は、設計者が提案するか、品質検査部門を実施するか、あるいは設計者の同意に基づいてこの規格に従って実施することができる。

検査受入場所は、請負業者または当事者Aによって指定された製品の到着場所にあってもよく、結果は一貫していなければならず、最終結果は最終結果となる。
2.参照標準企業標準Q / DMBM307-1997:検査サンプリング規則。


板金加工用キャビネット
3.キャビネット
3.1寸法公差
3.2幾何公差
薄板金のキャビネットは目に見えるか部分的な傾きまたはねじれ現象を可能にしません。
フレームコラムとベースの垂直寸法は1.5 mm未満です。 テスト時には、ベースの上面が基準として使用され、カラムの上端の内面が測定点として使用されます。

トップフレームとベースの平行度は1 mm未満です。 検出点は、ベースの上面とトップフレームの下面であり、互いに参照されています。 それは6辺の対角線の長さを測定することによっても検出でき、その差は2.5 mmを超えてはいけません。 中間仕切りの場合、上部フレームと底部との平行度は1.5mmに緩和することができ、上部仕切りまたは底部に対する中間仕切りの平行度は1mm未満である。
上下枠の対角線の差の絶対値は1.5mm未満である。
直立支柱は変形できません。 上部および下部エンクロージャに接続された各直立コラムの両端とエンクロージャの隣接面との間の平行度は0.5mm未満である。

3.3スライドウェイ支持キャリッジ。

ベースの上面に対する同じ床の左右の滑り面で構成される作業面の平行度は1 mmであり、カートリッジを装填した後の隣接する2つのパネル間のギャップの絶対値は0.6を超えてはならない。 mm

3.4前後左右の扉の膨れやねじれは許されず、平面度は2 mm未満である。ローカルの100mm×100mmは0.4mmを超えてはなりません。すべてのドアパネルをキャビネットに取り付けた後、ドアパネルの外側の面は、キャビネットの側面と平行に1.5 mmを超えてはなりません。平行なスロット間の差の絶対値は2mm未満であり、フレームはうまくフィットしている。固定ドアパネルの固定間隙の差の絶対値は1 mm以下です。回転ドアパネルは明らかな垂れ下がりや上向き回転を持つことはできず、同じギャップ間の差の絶対値は≦1.8 mmです。開閉要件を備えたドアは、回転に対して柔軟でなければなりません。開き角は≥90°です。閉じた後、磁気吸着はドアでいいです。回転プロセス中にスプレー層に損傷を与える可能性のある干渉があってはいけません。サイドドアの組み立てと分解は柔軟性があるべきです。回転ドアパネルを約30°の位置に置き、回転シャフトの片側からフレームの前面までの垂直距離を測定する。最大値と最小値の差は10 mm以下でなければなりません。


4.エンクロージャーと挿入フレーム
4.1キャビネットの底面と他の側面の平面度は1 mmです。
4.2キャビネットの前面または後面または左右の正面の底面に対する垂直度は1 mmです。
4.3パネルの上面と底面の平行度は0.5 mm、側面と底面の垂直寸法は0.5 mmです。
4.4パネルをボックスに設置した後、パネルは垂直でまっすぐでなければならず、その側面はボックスの底面に垂直で、ボックスの底面と底面の平行度は0.5 mmです。
4.5回路基板またはシャーシフレームを取り付けるには、組み立てにツーリングアナログ回路基板またはシャーシを使用する必要があります。 ツールボックスをロードおよびアンロードするときは、滑らかになっているはずです。 箱を積み込んだ後は、浮いたりゆるんだりすることなく、正しく安定しているはずです。 ハードワイヤードコネクタは正確でなければならず、差し込みおよび引き抜きは異常なブロックなしで。

5.パーツ

5.1材料は、図面の要件を満たす必要があります。
特に指定のない限り、すべての鋼板は高品質の20#冷延鋼板でできています。 熱延鋼板は許可されていません。 材料代替は技術者によって承認されなければなりません。
5.2曲がる角度の許容は±1°より多くないです
5.3形状および位置の公差がない部品の場合、真直度および平面度は、GB1184-80で指定されているCレベルの精度(すべての等高線および平面を含む)に従って検査されます。
5.4加工中に生じる変形は、成形後に真っ直ぐに調整する必要があります。
5.5部品は図面に従って正しく処理されています。 すべての縁と縁は鈍くなければならず、バリとフラッシュ縁の高さは0.2 mmを超えてはなりません。 原則として、手を指針として使用しません。

5.6圧力(上)リベットナットとねじを上(上)に押さなければならず、リベットはしっかりしています。 ねじナットの必要な締め付けトルクに従ってテストし、緩みがないようにします。 部品はスプレー工程の間保護されるべきであり、そしてめっき工程の間に引き起こされる目詰まりは再タッピングであるべきです。 ネジ穴に滑りやすいワイヤーや折れたバックルがないようにします。 ネジは滑らかにしっかりとねじ込むことができるはずです。
5.7実際の留め具は選択された規格または図面に適合しなければならない。 ねじ、ボルト、ナット、平ワッシャ、およびスプリングワッシャの表面処理は、図面の要件に従うものとします。 ネジとボルトに滑りやすいワイヤーや折れたバックルがないようにしてください。 それらは、ねじ穴に滑らかにそしてしっかりとねじ込まれることができるべきである。
5.8ドアロックスイッチはフレキシブルで、ハンドルとロック本体をぶつけることはできません。

5.9すべての導電性部品は、GB 5585-85で指定された銅バスバーシリーズまたは純銅プレートで作られ、表面めっきは図面に従って行われなければなりません。 それが曲げられる必要があるならば、それは曲げの前に焼鈍されるべきです、そして曲げフィレットの半径は内部構造への損傷と亀裂を避けるためにシートの厚さより大きくあるべきです。 固定ジョイントの接触面には水平調整が必要です。
5.10絶縁材料図面、エポキシボードまたはエポキシロッドに従って選択された絶縁材料は、絶縁ワニスに浸して乾燥させるものとする。 組み立て後、キャビネットのプラスとマイナスの銅バーの抵抗絶縁値は100MΩ以上(周囲温度25°C±2°C、相対湿度90%、および電圧500 V DC)

5.11スプレー防止が要求される部品は、部品間の接地の連続性を確保するために塗料や粉体で覆われてはならない接触抵抗は0.1オーム未満(電流25-30A)。

キャビネットフレーム柱図
 
6.溶接
6.1溶接は強固で信頼できるものでなければならず、部品の外面のはんだは隙間を空けることなく適所に充填されなければならない。
6.2溶接部はきちんとして均一であるべきであり、そして亀裂、アンダーカット、ギャップ、および火傷のような欠陥は許されない。
スラグ含有物、気孔、溶接、ピットなどの欠陥、外面はなく、内面は目立たないようにする必要があります。
6.3溶接作業において、溶接スラグおよびアーク損傷は他の溶接されていない部分、特に外部の目に見える部分では許されない。
部品の表面にはねているはんだのさまざまな粒子の除去を含めて、溶接後スラグを除去する必要があります。

6.4溶接後、部品の表面を滑らかにして磨き、表面粗さを12.5にする。
同一平面内のいくつかの溶接表面については、表面は処理後に目に見える突起およびくぼみを有するべきではない。
6.5溶接応力を最小にするために溶接作業を発展させるべきであり、溶接中の工具細工があり、部品が溶接によって変形することが許されないようにしなければならない。

7.組み立て
7.1図面の要件に従って組み立て、漏れ、不適切な荷重、または誤った位置を許さないでください。
7.2すべてのファスナーは確実に接続されており、関連するトルク要件に適合していますゆるみや滑りなどの緩い現象は許されません。
7.3キャビネットの正面が見えるので、取り外す必要があるネジの頭を傷つけないでください。
7.4すべての完成品には、ほこり、油、指紋、機械的不純物、およびその他の無関係な留め具がないようにしてください。
7.5一般的なネジのボルトを締めた後、少なくとも2つのねじが露出するはずです。
PREV:ステンレス鋼の加工特性は?
NEXT:電磁シールド金属筐体のデザインと処理

RELATED POSTS




Skype

WhatsApp

WangWang

QQ
envoyez - moi

Mail to us