金属部品メーカー

ハードウェアアクセサリー - 中国メタルスタンピング&CNC加工メーカー

板金構造部品被削性設計仕様書

1範囲と紹介
1.1範囲

この仕様は、板金構造の設計において注意すべき処理要件を規定しています。
この仕様は、板金構造の設計で守らなければならない処理要件に適用されます。
1.2はじめに
当社の製品の構造部品は、主に板金材料でできています。 これらのスタンピング部品の形状、サイズ、および精度は、スタンピングプロセスに大きな影響を与えます。 スタンピング部品は優れた加工技術を持ち、それは材料を節約し、工程を減らし、金型寿命と製品品質を改善し、同時に製品コストを効果的に減らすのに有益です。

パンチング、曲げ、延伸、成形などの板金部品の基本的な加工方法によると。 本明細書は、各種類の処理において注意を払うべきプロセス要件を説明することによって、板金部品の構造設計に対する制限を提案する。
1.3キーワード
板金、パンチング、曲げ、ストレッチ、成形、ネスト、最小曲げ半径、バリ、リバウンド、デッドサイド

2引用規格
以下の文書における用語は、本明細書を参照することにより本明細書の用語となる。 日付付きの参考文献については、その後のすべての修正(正誤表の内容を含まない)または改訂は、この仕様には適用されません。 しかし、本規範に基づく合意の当事者は、これらの文書の最新版を使用できるかどうかを検討することをお勧めします。 日付のない参照については、最新版がこの仕様に適用されます。

            
いいえ 番号付け
1 DKBA0.400.0023 "監査プロセスの規範" Rev1.0著者:鄧明君、周You Guang

3曲げ
曲げは通常のブランキングと精密ブランキングに分けられます。 加工方法が異なるため、ブランキング部品の加工特性も異なります。 現在のところ、当社の通信製品の構造部品は一般的に通常のパンチ加工のみを使用しています。 以下では、ブランキングのプロセスについて説明しますが、通常のBendingプロセスの構造を参照しています。
3.1ブランクの形状とサイズはできるだけシンプルで対称的であるため、レイアウト中の無駄が最小限に抑えられます。


曲げ部品のレイアウト
図3.1.1曲げ部品の配置


3.2曲げ部の形状と内側の穴は鋭い角を避けなければなりません。
直線または曲線の接続部に円弧接続がある必要があり、円弧の半径はR≧0.5tです。 (tは材料の壁の厚さです)


   曲げ部品の曲げ半径設計
図3.2.1ブランクのフィレット半径の最小値
3.3曲がる部品は狭い片持梁およびスロットを避けるべきです
曲げ部材の凸状または凹状部分の深さおよび幅は、一般に1.5t以上であるべきである(tは材料の厚さである)。 同時に、狭いスリットおよび小さすぎるスリットは、金型の対応する部分のエッジ強度を高めるために避けなければならない。 図3.3.1を参照してください。


 カンチレバーと溝を曲げる
   図3.3.1狭いカンチレバーと溝を避ける


3.4パンチは丸穴に適しており、パンチは最小サイズの要件を満たしています
パンチは円形の穴に適しています。 パンチの最小サイズは、穴の形状、材料の機械的特性、および材料の厚さに関係しています。

 
   パンチング形状設計
図3.4.1パンチ形状例

素材 丸い穴の直径B 矩形孔の短辺の幅B
高炭素鋼 1.3t 1.0t
低炭素鋼、真鍮 1.0t 0.7t
アルミニウム 0.8t 0.5t

* tは材料の厚さであり、打ち抜きの最小サイズは一般的に0.3mm以上です。
表1パンチング最小サイズ一覧

3.5パンチ穴の間隔と穴の余白
図3.5.1に示すように、部品のパンチ端から端までの最小距離は、部品の形状と穴によって異なります。 打ち抜きの端が部品の端と平行でない場合、最小距離は材料の厚さt以上でなければなりません。 平行時は1.5t以上とする。


 湾曲部のピッチのデザイン
図3.5.1曲げ部品の穴間隔と穴間隔の概略図

3.6部品を曲げたり、部品を深くしたりして穴を開けるとき、穴の壁とまっすぐな壁との間の距離は一定の距離に保たれるべきです。
曲げ加工や深絞り加工をするときは、穴の壁をワークのまっすぐな壁から一定の距離に保ってください(図3.6.1)。
 
   曲げ部品間の距離
図3.6.1曲げ部と引張部の穴の壁とワークの直線の壁との間の距離

3.7ネジ、ボルトとスルーホール皿座
ねじ、ボルト穴、皿座の構造寸法は下表の通りです。 皿ねじの皿頭の場合、プレートが薄すぎてビアd2とザグリ穴Dを同時に確保できない場合、ビアd2が優先的に保証されるべきである。


ボルト穴パラメータ
表2ネジ、ボルトの通し穴


3.8ブランキングバリ制限とデザインマーク
3.8.1ブランキングバリの限界値
ブランキング部分のばりは一定の高さを超えることはできません。 刻印部のバリ高さの限界値(mm)を下表に示します。


材料の壁の厚さ 材料引張強度(N / mm 2)
  >100~250 >250~400 >400~630 >630
  f m g f m g f m g f M g
>0.7 ~1.0 0.12 0.17 0.23 0.09 0.13 0.17 0.05 0.07 0.1 0.03 0.04 0.05
>1.0 ~1.6 0.17 0.25 0.34 0.12 0.18 0.24 0.07 0.11 0.15 0.04 0.06 0.08
>1.6 ~2.5 0.25 0.37 0.5 0.18 0.26 0.35 0.11 0.16 0.22 0.06 0.09 0.12
>2.5 ~4.0 0.36 0.54 0.72 0.25 0.37 0.5 0.2 0.3 0.4 0.09 0.13 0.18

*需要の高い部品の場合はfレベル(精密級)。
中需要部品のmレベル(中グレード)。
一般的に必要とされる部品には、gレベル(ラフグレード)が適用されます。

表5刻印部品のバリ高さの制限

3.8.2設計図面のバリのマーキング要件
*ローエッジ方向:BURR SIDE。


スタンピングバーの高さ
*バリが必要な部品:
COINまたはCOIN CONTINUE。 一般的に、構造全体をすべての圧力エッジで破断しないでください。コストが増加します。 できるだけ多く使用する場合は、次のようにします。 人間の手が触れることが多い鋭利な縁。 ケーブルが必要な穴またはスロット。 相対的な滑りがある部分。
図3.8.2.1板金構造設計図におけるバリの表示例
PREV:両刃エンドミルを使用した鋼部品のフライス加工
NEXT:コールドスタンピング金型作りは何ですか?

RELATED POSTS




Skype

WhatsApp

WangWang

QQ
envoyez - moi

Mail to us