金属部品メーカー

ハードウェアアクセサリー - 中国メタルスタンピング&CNC加工メーカー

40Crストレート歯の円筒のギア部品加工

キーワード:歯車部品加工、40Cr歯車、タービン歯車、歯車研削、歯端加工、歯端逆円、歯車焼き入れ
この歯車は、モジュラスm = 3.5 mm、歯数z = 63、歯形角a = 20&ordmの標準平歯車です。 航空機の蒸気タービンの歯車であるため、その加工精度は高いことが要求されます。
蒸気タービンの歯車には硬い歯面と頑丈な歯の中心が必要なため、鍛造ブランクが選択されます。 40Crが使用されます。


KangDing加工精密ギア部品

(1)主な技術要件
1)精度レベルは、6レベルの精度を持つ最初の許容グループに設定され、検出されたアイテムピッチ累積誤差ΔFp。 2番目の許容グループはレベル5の精度、検出項目の歯形誤差Δffおよびベースセクション偏差Δfpbです。 3番目の許容グループはレベル5の精度であり、検出されたアイテムの歯の方向の誤差ΔFβです。 法線の長さを測定することにより歯厚偏差Wkを測定します。 歯の厚さの偏差コードM、歯の厚さの偏差コードP。 (精度レベルの表示では、歯の厚さ制限の偏差を使用してバックラッシュを制御します。これはコードMPで示されます)。
2)ブランクの基準面の基準深さはIT6の精度です。 両端に内側の穴の軸がある端面の円形の振れの要件があります。

3)表面粗さRa基準穴は0.8μm、両端面は1.6μm、歯面は0.8μm、歯先円筒面は3.2μmであった。
(2)素材の機械的特性を改善するために、鍛造ブランクが選択されます。 少量生産では自由鍛造が使用され、大量生産では型鍛造が使用されます。
(3)歯車の主な表面処理方法の選択は、より高い精度レベルを持ちます。 主な表面仕上げ方法は次のとおりです。
基準穴:研削
端面:研削

歯の表面:ホブ切り-表面焼き入れ-研削
航空機のタービンの平歯車を加工する一般的なプロセス:
プロセスカード製品タイプの部品およびコンポーネントの文書番号
製品名ギアパーツ名合計ページ
番号プロセスコンテンツ機器数量測定時間クォータ備考

1、切断機1
2、荒い車の端面、内側の穴と面取り垂直車
3、ブランク検査非破壊探傷器
4、荒い車の口、外の面取りおよび表面旋盤
5、熱処理(焼き戻し)ボックス炉
6、細かい車の内側の穴と端面旋盤
7.掘削:垂直掘削
8.大きな端面の研削:平面研削盤
9、リーミング:ボール盤
10、プルキー:スロットブローチ盤
11.中間検査:キャリパーと角度定規
12.工場標準を作ります:ベンチベンチ
13、ラフホブ加工:ホブ盤
14.細かいホブ加工:ホブ盤
15.歯先処理:フライス盤
16.クリーニング:クリーニングマシン
17.中間テスト
18、熱処理(表面硬化):ボックス炉
19.内側の穴を細かく研削:内側研削盤
20、クリーニング:クリーニング機
21.中間テスト
22、マッチング:検査機
23、研削:研削盤
24、クリーニング:クリーニング機
25、マッチング:検査機
26.ペアリング番号を書く

27、クリーニング:クリーニング機
28.最終テスト
デザイン校正承認

ギア加工プロセスは、一般的に以下の段階を経ます:ブランク熱処理、歯ブランク加工、歯形加工、歯端加工、歯の表面の熱処理、精密ベンチマーク補正と歯形仕上げ、等

処理の最初の段階は、ブランクが最初に機械加工される最初の段階です。 歯車の伝達精度は主に歯形精度と歯ピッチ分布の均一性によって決まるため、これは歯を切削するときに使用される位置決め基準(穴と端面)の精度と直接的な関係があります。 したがって、この段階は、主に次の段階の歯の形状を加工するための詳細な基準を準備することであり、内孔と歯の端面の精度が基本的に指定の技術要件を満たします。 この段階でベンチマークを機械加工することに加えて、歯の輪郭以外の小さな表面の処理は、この段階で可能な限り遅く行う必要があります。

2番目の段階は、歯車の歯の形状の加工です。

焼入れを必要としない歯車の場合、この段階は通常、歯車の最終加工段階です。 この段階の後、図面の要件を完全に満たす歯車を機械加工する必要があります。 硬化が必要な歯車の場合、歯形の最終仕上げを満たすために必要な歯形の精度をこの段階で機械加工する必要があるため、この段階での加工は歯車の加工精度を確保するための重要な段階です。
特に注意が必要です。
歯先処理:
A)反転円
B)倒立チップ
C)面取り

ギア歯端加工
図1歯車の歯端処理

ギアのギアエンドの加工方法は次のとおりです。反転円、反転点、面取りエッジ、バリ取りの4つの方法があります。 面取り、面取り、面取り後のギア(図1)。 軸に沿って移動する場合、簡単に係合できます。 歯面の面取りが最も広く使用されています。 図2は、フィンガーミーリングカッターの面取りの原理を示しています。 丸くすると、ギアはゆっくりと回転し、フィンガーカッターは高速で回転しながらギア軸に沿って直線的に往復運動します。 歯車が1つの歯を回転させるたびに、フライスが1回往復し、2つの端が相対運動で歯の端の丸み付けを完了します。 歯形焼入れの前に、歯の端部の処理を調整する必要があります。



歯車の歯先円
図2 歯車の歯先円

処理の3番目の段階は、熱処理段階です。 この段階では、歯の表面の特定の硬度要件を達成するために、歯の表面の焼入れ処理が主に実行されます。

機械加工の最終段階は、歯形の仕上げ段階です。
この段階の目的は、歯車の焼き入れによって生じる歯形の変形を修正し、歯形の精度をさらに向上させ、表面粗さを減らして最終的な精度要件を達成することです。 この段階では、位置決め基準(穴と端面)を最初にトリミングし、焼き入れ後にギアの内側の穴と端面を変形します。 このような穴と焼入れ後の端面を使用して穴形状の仕上げを直接行うと、歯車の精度を達成するのが難しい。 トリミングされた基準面の位置決めによる歯付き仕上げにより、位置決めが正確かつ信頼性の高いものになり、仕上げの目的を達成するためにバランス分布が比較的均一になります。 通常、歯をホブ切り(挿入)した後、歯の焼き入れの前に歯端処理を準備する必要があります。

焼き入れ後にギアのベース穴が変形します。 歯形仕上げの品質を確保するために、ベース穴を修正する必要があります。
円筒穴歯車の修正は、押し穴または研削穴に使用でき、押し穴は生産性が高く、硬化していない歯車によく使用されます。 研削の精度は高いが、生産性は低い。 内部硬度が高く、焼入れ後の硬度が高い歯車、または内径が大きく厚さが薄い歯車の場合、研削穴を使用することをお勧めします。
穴を研削するとき、ギアのインデックス円は通常中心にあるため、穴を研削した後のギアリングの半径方向の振れは小さくなり、これは後の研削またはホーニングに有益です。 生産性を向上させるために、一部の工場では、研削穴をダイヤモンドボーリングに置き換えることで良い結果を達成しています。
PREV:銅、アルミニウム合金部品のミラー効果を処理するフライスナイフ
NEXT:機械加工部品の単純化された構造設計に関する通知(平面研削または精密平面)

RELATED POSTS




Skype

WhatsApp

WangWang

QQ
envoyez - moi

Mail to us