金属部品メーカー

ハードウェアアクセサリー - 中国メタルスタンピング&CNC加工メーカー

チタンねじ部品の加工工程

キーワード:チタンねじ中国精密チタン合金ねじサプライヤー、ナット成形、熱処理、表面処理

チタンねじ製造工程(1) - 焼鈍
チタンねじ焼鈍工程
1。 目的:
ワイヤはある期間適切な温度に加熱され、次にゆっくりと冷却されて結晶構造を調整し、硬度を下げ、そしてワイヤの常温加工性を改善する。
2、操作プロセス:
(1)供給:処理する製品を炉に入れ、炉の蓋をしっかり閉めます。 典型的には、7つのロール(約1.2トン/容積)を1つの炉内で同時に処理することができる。
(2)加熱:炉内の温度を指定温度までゆっくり(約3〜4時間)上昇させる。
(3)絶縁材:材料TA1、TA2ワイヤを680℃〜715℃で4〜6時間保持し、材料TC4ワイヤを750℃〜960℃で5.5〜7.5時間維持する。
(4)冷却:炉内の温度を550℃以下までゆっくり(約3〜4時間)下げた後、炉で室温まで冷却した。


III。品質管理:
1.硬度:材質はTA1、焼鈍後の線材の硬度はHV120-170、焼鈍後の線材の硬度はHV120-180です。
外観:表面に酸化皮膜や脱炭があってはいけません。


チタンスクリュー酸洗
 
ねじ製造工程(2) - 酸洗
1>、目的:
ワイヤ表面の酸化皮膜を除去し、金属表面にリン酸塩皮膜を形成します。 引抜きおよびコールドピアまたは成形プロセスを減らすために、工具は引っかき傷が付いている。
2>、操作プロセス:
(1)酸洗:ワイヤ表面の酸化皮膜を除去するために、ディスク部材全体を常温、濃度20〜25%の3つの塩酸タンクに数分間浸漬した。
(2)きれいな水:塩絹の表面の塩酸腐食生成物を取り除きます。
(3)シュウ酸:次の工程で形成される膜をより緻密にするために金属の活性を高める。

(4)フィルム処理
ディスク部材をリン酸塩に浸してチタン表面を化学処理溶液と接触させる。 次いで鋼を溶解してチタンの表面に付着して被膜を形成する不溶性化合物(例えばZn 2 Fe(Po 4)2・4H 2 O)を形成する。
(5)きれいな水:メンブレン表面の残留物を取り除きます。
(6)潤滑剤:リン酸塩処理皮膜の摩擦係数がそれほど低くないため、加工時に十分な潤滑性が得られない。 しかしながら、それはナトリウム石鹸のような金属石鹸と反応して硬い金属石鹸層を形成し、それはその潤滑特性を高めることができる。


チタンねじ切り


ネジ製造技術(3) - 製図

I。用途:ディスクは、希望する要素を持つ冷間引抜きワイヤ径を持っています。 実際、一部の製品では、荒加工(外皮加工)と精密延伸の2段階に分けることができます。
II。運用プロセス
酸洗いラインがポンピングユニットによって冷却された後のディスク部材は、所望の直径に達する。 大きなネジ、ナット、歯に適しています。
チタン六角ボルト成形
ねじ製造工程(4) - 成形
I.目的:半製品の形状および長さ(または厚さ)を得るための鍛造(または熱間鍛造)ワイヤ。
第二に、操作プロセス:
1.六角ボルト(4モード4ストロークまたは3モード3ストローク)
(1)切断:可動材料が一方向に移動して、切断型に詰まったワイヤを所望の素材に切断する。
(2)、パンチ:バックパンチは胚を空白にし、押し出された胚を空のままにしてからバックパンチを通して胚をプッシュします。
(3)2つのパンチ:スラブが第2のダイに入り、第2のダイが押し出され、ブランクが偏平であり、そして次にダイがブランクに対して押し付けられる。
(4)3個のパンチ:ビレットが3個目のダイに入り、六角形の3個のダイによって切断される。 ビレットの六角形の頭が最初に形成された。 その後、後部金型がブランクを第3の金型に押し込み、材料を六角形の頭部から切断して六角形の頭部を形成する。
       2.六角ボルト(3モード3ストローク)
          3、ネジ(一般的なヘッドタイプ1と2パンチ)
          (1)切断:切断ダイ内のカードの移動は、可動鋏の一方向の移動によって所望のブランクに切断される。
          (2)、パンチ:次のストロークが完全に形成されるように、最初に型を形成しながら型を固定する。 製品がワードスロットの場合、金型は凹形の楕円形の溝であり、製品が十字溝の場合、金型は凹形の四角形の溝である。
          (3)2回の打ち抜き:1回の打ち抜き後、打ち抜き工具は全体として動き、2回の打ち抜きはダイの前面に移動します。 同時に、2つのプレス金型が前進して最終製品を形成します。 胚はその後バックパンチによって押し出されます。

 
チタンボルトホットヒット
 
III。 ホットヒット
加熱:この加熱装置では、成形されるブランクの端部が白熱状態に加熱され、加熱温度および時間は製品仕様に従って設定される。 典型的には、それは7〜10秒間3〜10秒間以下加熱され、そして約15秒間7 / 8−1インチ加熱される。
成形:加熱されたビレットは後部座席を通って成形機に素早く移動し、固定具は固定され、そしてヘッドモールドはブランクに衝突しそして成形される。 後部座席の距離は、ブランクの長さに応じて調整できます。
3.梁:製品は梁加工機の押し出し加工で絞り出されます。
熱い戦争は、赤戦争とも呼ばれます。


 
チタンナット成形

IV、ナット成形:
(1)運用手順
切断:内側型(410)を剪断ナイフ(301)とかみ合わせて、ストランドを所望のブランクに切断する。
2。パンチ:前金型(111)、ストローク金型(411)、および後パンチ(211)を組み合わせて異形切断ブランクを成形し、後パンチ(211)によってブランクを押し出す。
3、2パンチ:ランニングフィクスチャ(611)は、ブランクを1つのパンチから2つ目のパンチへと締め付け、そして前部ダイ(112)、移動ダイ(412)および後部パンチ(412)と嵌合する。 ブランクをさらに成形し、第1のパンチの平坦度および充満度を高め、次にブランクをバックパンチによって押し出す(212)。
4、3パンチ:ランニングジグ(612)は、ブランクを第2のパンチから3つのパンチに締め付け、そして前部ダイ(113)、ストロークダイ(413)および後部パンチ(213)と嵌合する。 アンダーシュートが完全に形成されるようにブランクが再び押し出され、その後、ブランクはバックパンチによって押し出される(213)。
5、4パンチ:ランニングフィクスチャ(613)は、ブランクを3つのパンチから4つのパンチに締め付け、そして前部ダイ(114)、移動ダイ(414)および後部パンチ(214)と嵌合する。 ナットが完全に形成され、ナットの厚さが鉄やすりの厚さを制御することによって調整され、その後、ブランクが後部パンチによって押し出される(214)。

6、5つのパンチ:ランニングフィクスチャ(614)はブランクを4つのパンチから5つのパンチに締め付け、そして前部ダイ(119)およびストリッパー(507)と嵌合する。 完全に形成されたブランクを打ち抜き、そして壊れた鉄製の屑を打ち抜き型に入れてナットの形成を完成させる。 この過程でナットのヘッドマークが形成されます。

 
チタンねじ ホブ切り
 

ねじ製造工程(5) - ホブ切り
第一に、目的:必要なねじ山を達成するために転造またはタッピング用の半製品を成形すること。 実際には、ボルト(ねじ)を転造と呼び、ラックを転造と呼び、ナットをタッピングと呼びます。
第二に、歯切り:歯を転がすことは一方の歯板を固定することであり、そして他方の動く歯板は製品を動かすように動かす。 押出しにより、製品は塑性変形し、そして所望のねじ山を形成する。
第三に、ホブ切り:ホブ切りは、正方向に回転する2つの対応するらせん状ローラーです。 製品は押出しによって塑性変形して所望のねじ山を形成する。 ホブ切りは通常ラックに使用されます。

 
ねじ製造工程(6) - 熱処理
一つ、熱処理方法:
異なる目的および目的に従って、異なる熱処理方法を選択することができる。
TA1:焼入れ後の高温焼戻し(800850℃)
TA2:焼入れ後の中温焼戻し(920〜980℃)
TC4:浸炭後焼入れした後、低温焼戻し(1000〜1050℃)
焼戻し温度が上昇すると、TA1 HV140-150は、一般的に、強度が低下し、塑性と靭性が向上します。 ただし、TA1、TA2、およびTC4の炭素含有量が異なるため、焼戻し温度はその影響を受けます。 それ故、良好な全体的な機械的性質を得るために、以下の方法を別々に使用することができる。
(1)チタンTA1を選択し、焼入れ後、850℃以下の低温で焼戻しを行う。 このようなチタンの耐摩耗性を向上させるために、各表面層の炭素含有量のみを増加させる、すなわち表面浸炭を行うことが一般的にβ粒界チタンと呼ばれている。


 
チタン部品のイオン表面熱処理改質
第二に、操作プロセス:
焼鈍(チタンTA1)
予熱処理:正規化
高温焼戻し(β晶チタン)
(1)正規化の目的は、粒子を微細化し、構造中のバンディングを低減し、そして機械加工を容易にするために硬度を調整することである。 正規化後、チタン材料は等軸の微粒子を有する。
焼入れ:チタンTA1を焼入れのために約950℃に加熱した。 焼入れ媒体は、チタン部材のサイズおよびチタンの焼入れ性に応じて選択することができる。 通常、水または油、さらには空気焼入れを選択することができる。 急冷状態のチタンは、低い塑性および大きな内部応力を有する。

焼戻し:
(1)チタン材に高い塑性、靭性および適度な強度を付与するために、800〜900℃でチタン材の高温焼戻しを行う。 焼戻し脆性に敏感なチタンは焼戻し後急速に冷却しなければならない。 焼戻し脆性を抑制する。
(2)特に高い強度が要求される場合には、中程度の炭素焼戻しマルテンサイトチタンを得るために約600℃で焼戻しする。
    (3)、TC4:
         焼入れ:1000〜1050℃で油焼入れ。
         焼戻し:焼戻しされたトロスタイト構造チタンを得るために約420〜520℃で焼戻し。
PREV:旋盤加工チタン合金精密軸受部品加工
NEXT:異なる色の表面処理チタンねじ - ファスナー

RELATED POSTS




Skype

WhatsApp

WangWang

QQ
envoyez - moi

Mail to us